ラブセンが終わってしまったので

数々の思い出ともう課金はできないんだぞという自分への戒め

 

ラブセン子への心配

 

最高のお見合い関係

 

課金関連

 

その他

 

 

ありがとうラブセン、ありがとうセブンイレブン

あーすっごい寂しい。びっくりするほど寂しい。ラブセンロスが過ぎる!!!

ヒメアノ〜ル雑感想

メモ帳を漁っていたらヒメアノ〜ルの感想を発掘。思いっきりネタバレです。

 

20160604

ヒメアノ〜ルネタバレ雑感想
私は森田正一を幸せにしたい。

 

完全に個人の感想であり別の方の意見を否定したりするつもりはありませんということを念頭に置いてお読みください。

 

先日ヒメアノ〜ルを鑑賞した。
森田正一はなりたくなかったのになってしまった可哀想なモンスターだという印象を受けた。

 

しかし森田正一は非常に気持ち悪かった。
「なんで岡田くんあんな人と仲良くしてるの?いっつもきてて気持ち悪いよ」
「こないだ話した時あのカフェ行ったのはじめてって言ってなかった?」
「え?」
「いやいつもって今…」
「言ってないよ」
ここのシーンで背筋がゾクゾクした。

 

剛くんはインタビューで、いじめのシーンを演じた際に森田の行動が腑に落ちたと語っていた。
私自身もいじめのシーンを見たときに、彼の闇に、絶望に納得がいった。
岡田に対し「あーいたっけ、あのとき」と言っていたが、彼はもう自慰の時点で周りを見ていなかったのではないかと考える。
彼に味方はいなかった。だからあの場にいた人全員、同じ1つのまとまりとして見ていたのではなかろうか。
和草は味方ではなく共同体である。

 

またいつでも遊びにきてね、の笑顔を見たときに本当に胸が締め付けられる思いだった。

 

森田正一二重人格説があるが、私は違うと思う。
恐らく彼にはスイッチがあって、どちらも本来の森田正一である。でなければネットカフェ?でのシーンは何だったのか。彼は心に絶望と同時に葛藤を抱えている。どちらも自分だと理解して、
殺したのにすっきりしない。確かに河島を殺した瞬間は晴れ晴れとした気持ちであったろう。だが後々声がリピートしている。深層心理として彼は絶望以外の感情を抱えている。
殺しても殺しても彼は苦しみ続けるのだ。

 

あと足細すぎ。窓から飛び出した後岡田を引きずって歩くシーンでびっくりした。鹿だよ。

 

思考回路が森田正一に寄ってしまっている気がするので、もし2回目の鑑賞があればその際は河島殺害のシーンで胸がすくような思いをしそうで恐ろしい。

 

なんとも雑な感想になってしまった。詰められたらもっとしっかり文章化したい。矛盾点など見つけた方がいたら是非指摘していただきたい。

 

ヒメアノ〜ル、総観としては非常にうまくまとまっていたとても良い作品だと思う。作中の物理的などうして?なんで?が全て解決されていた。しかし心情的な疑問点は視聴者に委ねられており、見たあとに作品に対しての不満的なもやもやが残らず、感情的な余韻に浸ることができる。
すごくいいものを見た、と思った。
人におすすめできないといった声をよく聞くが、わたしは是非ともおすすめしたい。
ヒメアノ〜ルはいいぞ。

ラブセン~V6とヒミツの恋~

ラブセンとは稀有な存在であったと認識している。

まずわたしは実在の人物、それもジャニーズ事務所のアイドルを取り扱った乙女ゲームの前例を知らない。(歴史上の人物である新撰組関連の2次元乙女ゲームは存在するが、ベクトルが違う)

公式サイドから正式にアイドルに恋をすることを認められるという、前代未聞、ギリギリの挑戦をしたのがラブセンだったのだと思う。

20周年コンサートに「ラブセンpresents」という名前が付いた、1年の予定のものが3年まで延長された。

この挑戦は確かな成功を納め、業界に新たな風を吹かせた。

 

ラブセンは、スタッフからV6への愛を感じる構成になっていたように思う。

剛健新本編の質実剛健掛け軸やシカにパンダ、岡田のゴリラネタ、長野くんのグルメネタ。またイベント「最高のお見合い」では最速で剛くんの3秒で人を判断する話が取り入れられていた。さすがに笑った。

 

こんなもの、V6を本当に好きな人でなければ作れない。

 

ラブセンスタッフの暴走に笑い、シナリオにときめき、ときに泣いた。

一日の始まりはVみくじだったし、辛いときわたしを救ってくれたのは優しいボイスの声音だった。

 

わたしはGREEの経営難がどうとかいう話は理解できないし、ただラブセンが終わる、その事実を受け止めることしかできない。

マナーの問題ではなかった」、つまり我々プレイヤー側に何か悪い点があったわけではないというラブセン公式サイドの言葉を信じるほかにない。契約満了によるサービス終了だったのだ。

もともと1年を予定していたものが3年にまで延びた。これはとっても、とってもすごいことだ。

 

とはいえ、どうして契約継続してくれなかったのか、という気持ちは1プレイヤーとして付きまとう。いつか終わるというのは確かにわかっていた。それを勝手に、もっと後だと思っていた。

2016年7月29日。TwitterのTLがラブセンというワードでざわざわしていて、急いでアプリを開いたら終了のお知らせが出ていた。そこからショックで何時間か頭はごちゃごちゃしていたし、未だにちゃんと、心から受け入れられてはいない。

終わりがくることを頭ではわかっていても、やはり寂しいものは寂しい。本当に寂しい!!!!!!

 

 

けれど、それでもわたしは次に何かがあることを祈って前に進むしかないのだと思う。

終わりの次ははじまりである。V6の新たな動き、嬉しい知らせを信じて待つ。それが今、わたしにできることだ。

 

 

プレイを初めてたったの半年ですがずっと幸せでした。

「バーチャルの世界にお金を使ってどうするの(笑)」という気持ちをずっと抱いて18年、形のないものにお金は払わないと決めていたのに人生で初めて課金したゲームアプリがラブセンでした。

そのお金の使い方を未だに後悔していないのは、ひとえにラブセン公式サイドの愛情溢れるイベント・ガチャ・シナリオのおかげだったと心の底から思います。本当にラブセンスタッフの皆さんには尊敬と感謝の念しか浮かびません。

V6を愛してくれる人たちが作ってくれたものだから安心してプレイしてお金を使って、「もう今月も未成年上限にいってしまう」なんて愚痴も幸せなものでした。

いつだって不満なんてありませんでした。ずっとずっとプレイヤーに寄り添ってくれるゲーム作りをしてくれていましたね。感謝こそあれど怒りなんて一つもありません。本当に、本当にありがとうございました。

ラブセンのない日を迎えることが怖くてたまらないけれど、最後のイベントは今まで以上に走ろうと思います。

V6を愛してくれて、プレイヤーのことを考えてくれて、本当にありがとうございました。ラブセン大好き!

THE IDOLM@STER SideM 1st STAGE ST@RTING! [Sun side]

1番最初の記事がV6全然関係ないのすっごい申し訳ない。

 

まずは1つ、待ち望んでいたファスライ円盤の発売を心からお慶び申し上げます。

わたしは先日THE IDOLM@STER sideM 1st STAGE ST@RTING!、通称ファスライの円盤を購入した。

twitter.com

 

sideMとの出会いは約2年前。事前登録もしていたが運営のひどさ、ポチポチ作業ゲーで早々に引退したために彼らをプロデュースしていたとは言いにくい。

アイドルマスター自体とはもっともっと長く、7~8年ぐらいの付き合いになる。

 

忘れもしない2010年9月18日。わたしは罵声を浴びるJupiterの3人を、この目で見ていた。自分自身竜宮小町の一件について確かに戸惑っていたけれど、これを見たときに、わたしはJupiterについていくんだ、と強く思った。

彼らの言葉にはそれを思わせるだけの力があった。

www.famitsu.com

この記事の

寺島「どんな反応が待っていようと、僕らとしてはライバルとして認めてもらって、さらに新しいユーザーさんに興味を持ってもらうようにがんばるしかありません。やるっきゃないって感じですね。」

神原「拒絶反応があってもある程度しょうがないと思いますし、逆にそういうのがあったほうがプレイしたときに「絶対倒してやる」と思ってもらえると思います。」

松岡「こんなに愛してもらっている世界なんだとしたら、男性アイドルが出てきても寛容な心で受け止めてもらえるんじゃないかなと。」

松岡くんの言葉にはただただ申し訳ない、と同情心が沸いたし、寺島さんには求心力、神原さんには説得力があった。これはいいグループになると確信したのをよく覚えている。

 

アニメでいい扱いを受けたときはすっごく嬉しくて、961を辞めて新天地に立つ彼らを絶対に応援すると誓った。

待ち望んだJupiterのCDも発売されて、Jupiterはこれからなんだとわくわくした。

 

そしてSideMのリリース。ここまでが長すぎて多少心が折れていたのであの時のテンションは異様なものだったと思う。961と315という点と点が線で繋がり、ゾクゾクした。が、上記のとおりすぐにやめてしまった(笑)わたしには堪え性がない…

 

2015年1月17日、わたしはパソコンの前で待機していた。ニコ生がはじまり、Jupiterの3人が画面に並んでいた。笑顔で。これからこんな光景はいくらでも見ることができるんだ、そう思うだけで涙が出てきた。ドラスタの3人も応援しようと思ったし、実際その後自分のTwitterではドラスタの話しかしていない(笑)

その後怒涛の声優発表があったが、S.E.Mまでしか追えていない。にわかだ。

CDもリリースされ、歌詞に泣き、掛け合いに泣いた。ここまで泣きまくりである。そしてここからも泣きまくる。

 

ファスライの発表。この日ほど自分の生まれ年を呪った日はない。

わたしは去年大学受験を控えていて、受かるまでライブ・コンサート・イベントには絶対行かない、という謎の自分ルールを課していたために、応募することすら叶わなかった。自分ルールに後悔しているわけではないのだが、どうしてファスライが今年なんだろう、どうしてこの年に受験なんだろうという悔しさはずっと抱えていた。

 

本当に悔しかったから、レポなんて絶対見なかった。

2月にボイスアニメージュPlus2016にドラスタのポスターがつくと聞いて買って、ドラスタのインタビューを読んで、そこでやっと、自分が行けなかったファスライを受け入れることができた。テラシマ流星群も見て泣いた。(笑)

 

そして2016年7月13日!ファスライ円盤発売!!!

 

5年間ずっと待ち望んでいた景色がそこにあった。

Jupiterのあの表情、あれが見たいがために私は彼らを追ってきたんだ、そう思わざるを得なかった。

 

前置きが長くなってすみません。

以下オタクの勝手な気持ち悪い、中身のない感想です。ほぼジュピドラ。

 

Sun side

  • DRIVE A LIVE

ずっとずっとその先へ、世界は動き出す。

ドラスタがセンター、高いところにJupiterがいるのでもう涙腺がギリギリ。

出演者紹介の絵がかわいい!!

野上が赤メガネかけててときめいた。

Wow〜のところで拓がひとり拍とっててかわいかった〜

 

MC

みんなかわいい。 ひろひろだよ~

ジュピを最後にするのやめろ死ぬ

ヨシキきもいwwwwwwwwwwwwww

やっぱりジュピが喋ると場が締まる。待たせたな、なんて、もう、バカじゃないの、待ったよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!めっちゃ待った!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

後ろで一緒にチャオ☆やってる寺島かわいい

禎丞がもうぐっときてる~~~~~~~むりむりむりそんな顔されたら泣いちゃう

 

  • HIGH JUMP NO LIMIT

楽しい情熱的なステージ!どーんってやるとこかわいすぎか

神輿エアギターたのしそうううう 四季にゃんのソロパート野上いい表情だな~…

 

  • ∞Possibilities

伊東くんかっこよすぎでは?

S.E.Mは他のキラキラした315アイドルとは一味違った魅力を持ってる。このクールでウェットな感じ、ハロプロみを感じる(笑)

 

  • DRAMATIC NONFICTION

背筋がゾクゾクするほどの覇気。彼らが背負っているものはいかに大きく重いのかを思い知らされる。

あとドラスタの歌唱力はピカイチ!本当に歌がうまい。CDを余裕で超えてくるクオリティの高さ。

2番の冒頭各ソロパート、ちょっと言葉にできないぐらいかっこいいんだけど…

「であうとき」の雄馬の雄々しい表情かっこよすぎる 「その道は」のしゅごんほんと歌い方すき…

しゅごんと雄馬がうますぎて、拓ちょっとかわいそうとか思ったけど拓も普通にうまかった。SideMの看板を背負う彼らは伊達じゃない。場数も違うけど、やっぱりドラスタがsideMを引っ張っていくグループであるということを思い知らされるステージだった。

3人が全く同じところを見ているというのがビシビシと伝わるものすごい一体感。これはきっとafter meetingでいってた3人での話し合いの時間のおかげなのかもしれない。

雄馬の千鳥柄ジャケットとしゅごんのストライプジャケット、普段とコンセプトは一緒なのに豪華さがいつものとは違ってみんなこの日のために新調してきたのかと思うとときめく

雄馬が見たことないぐらいキラキラしてて画面の前でニコニコしてしまう。

 

  • Pleasure Forever…

かわいい!2人だから歌割多いのにこんなに歌って踊って安定感がすごい!強い向上心みたいなものを感じる。立ち上がりかわいすぎでは~~~~~?

 

  • 想いはETERNITY

3人とも顔がガッチガチで緊張が伝わる(笑)かわいい!

 

  • Planet scape

上を向く寺島ただの冬馬では?

禎丞泣かないで~~~~!!!!!!!! なんて言いながらあの潤んだうつくしい瞳をいつまでも、いつまでも見ていたいと思う自分もいた。

2番翔太ソロパート「怖くなって」で禎丞の声が震えていて、ずっとじわじわしてたわたしの涙腺が完全にご臨終した。

神原さんも泣きそうにみえる、音は綺麗な伸びだけど。

寺島拓篤の圧倒的センターオーラ。あの場に立つ彼はアイドル・天ヶ瀬冬馬を全うしていた。

神原さんかっこいい~~~!!

「鍵になること」で指をひきよせる振りに彼らの全ての思いがこめられていて胸をぎゅっと締め付けられる。

鬼気迫るものを感じた。Jupiterの圧倒的貫禄にひれ伏さざるを得ない!

みんなが緑色のサイリウム振ってる

あの日のわたしに言ってやりたい、こんな日がくるんだよ、と。 

 

  • Short story of SideM

トップアイドルを目指してくれ…!!!!!!!

冬馬くんと北斗くんと一緒なら、これからも頑張れるよ。むり。サンキューアース。

ジュピドラの絡みがぐっときた。

冬馬「バトンを渡すぜ」

北斗「おれたちの気持ちも託すよ」

翔太「後輩の応援もよろしくね」

ここではジュピのみんなドラスタの方向いてたのに翔太が喋るときだけほくほくと冬馬が翔太のもう向いてたのほんっとJupiter;;ってなった。憑依してる。

ドラスタの3人もボイスアニメージュPlus2016でこのことについて感動した旨を語っている。

 

  • STARLIGHT CELEBRATE!

圧倒的歌唱力だいすきドラスタ!!!!!!!!!!!!!!!!!こっちも勿論、CDより断ッ然完成されてた。パフォーマンス能力の高さがえぐい。

ずーっとニコニコしててほんとに好き!!!!!!すきっっ!!!!!!ってなる。すき。ドラスタ315。アイドルだああああああああっほんとめっちゃすき。語彙力はとっくに消えてる。幸せという言葉がしっくりくるパフォーマンス!!!幸せだ…

しゅごんソロ「まっすぐに行けばいい」のて歌い方好きすぎてエンドレスリピートしてしまう。しゅごんの歌い方好きすぎる。

「きっと癒せる~」の雄馬。マジ、ふり幅ありすぎ、むり、爆モテ、何あの顔 冷静な表情を残しつつ楽しそうなのがアイドルとして315。

イケメン回転寿司むり

描こうよで顔見合わせるところとかかわいいに尽きる!!

でもやっぱり一番は「誓おう そして 走っていく 遥かな高い空へ」だよね~~~~~~~~!!!オタクみんな好きなやつ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

  • study equal magic!

何よりも振りがかわいいいいいいい!!!謎!!!

榎木くんめっちゃ緊張してたんだろうな…

 あいやーの所で「ヒッ」って声がリアルに出た。しゃっくりじゃない。可愛すぎて悲鳴。

あと伊東くんのセンターオーラがすっごい 譲らない絶対王者感が出てる

 

  • VICTORY BELIEVER

掴めるよVICTORY!!!!!

シンクロしていたのにしっかり個性も出ていてなんというか感動した。

 

  • スマイル・エンゲージ

いやあ私は梅原のこの顔が見たかった!!!いつも澄ましてふざけてるときも結局遠くからものを見てる、ムカつく梅原裕一郎が目の前のことだけに必死な顔。正直これだけのために円盤を買ってもいいんじゃないか、ってぐらい、めっちゃくちゃ、かっこよかった。そんな顔、できるんだ。いいじゃん、一生懸命な梅ちゃん超かっこいい。

夢の国感がすごい!!!!!!!!!!!!!!高Pかわいい。ホリエルもかわいい。胸を掴まれた。

王子様なんだなあ…

 

 

  • BRAND NEW FIELD

もう正直BNFはCDの段階で限界でした

ハイタッチで無理 最初っからかっこよすぎ

じゃすなう!みんなすきなやつかっこいい

神原さんのパフォーマンス能力 凛として立つ北斗を全身で体現している

きーこえるでもうかっこいい!!!!

なんでセリフ違うんだよ泣かせにきてるとしか思えない

ダンス経験なんてなかっただろうにみんな忙しかっただろうに315のパフォーマンスだよ大好き

Jupiterはかっこいいという言葉が世界一似合うグループなんだなって思う。

やっぱり寺島が楽しそうですっごい多幸感 冬馬が真ん中に立ってることに何の違和感もない

「楽しんで、頑張っていこうね」まさにプロデューサーに向けた言葉

いいバランスだってすっごい思った

longlongからの鳥肌

引き込まれる、絶対に魅入られてしまう、飽きない、俯瞰で見ることのできないステージだった。

Jupiterはここからまた新たな道を歩んでいくんだ、今日はその一歩なんだと強く感じさせてくれる315のステージでした。

 

  • MC

「Jupiterはこの3人でよかった」という言葉、ほんとうにその通りだと思うし、何より本人がそう思ってくれていることがとってもとっても、これ以上にないほど嬉しかった。

来られなかった人に対する配慮、これが寺島拓篤だーーーっ!かっこいい!いつでも自分の姿勢を貫き続ける寺島かっこいい!

「Jupiterもいろいろあったけど」この言葉に全てが詰まってる。モブばかりやっていた新人がはじめて御手洗翔太という名前の付く役を勝ちとって、これからだ!って、ステージに立つその日を夢見て、バク転の練習までして、ずっとどんな気持ちだったんだろう。苦しくて切ないけど、今彼らが報われていることが全て。本当によかった、よかったね。

迷わず禎丞に駆け寄っていく寺島と神原さんを見て、Jupiterを好きになってよかったと心から思った。

その後の梅原ちょっとかわいそうwww 野上可愛いよ野上

 あぁ、ヨシキって不器用な人なんだ、と思った。鈴木達央みを感じる。

拓2回目もプロデューサーって言えてないかわいい 雄馬だいすき

宗悟も雄馬も泣いてる、、、それを後ろでニコニコ見てる拓。熱いグループだドラスタ!!

 

  • DRIVE A LIVE

言葉にならない(笑)宗悟と寺島が2TOPしてるのが感動でしかない。

 

 

力尽きた!Moon sideとSpecial Disc、コメンタリーはまた後日!